札幌すすきのSMクラブ【罪と罰】

TEL.011-520-5301

㊙写メ日記・動画


PHOTO DIARY

主人を選ぶのは奴隷の権利

SMの世界では「ご主人様と奴隷」「主従関係」と言った言葉が当たり前のように使われます。

私は、SMの世界に足を踏み入れるには、ある種の「覚悟」が必要だと考えています。

少なくとも交際が続いている限りは、二度と戻らない貴重な時間を相手に委ね、自分が変えられていくことを容認しなければならないのがMの立場ですから、

「この人なら」と思える相手を慎重に選ぶのは当然の権利だろうと思います。

そしてSは、Mから選ばれて初めて「ご主人様」と呼ばれる存在になります。

と考えれば、そう簡単にご主人様になることはできないし、遊び半分にはできないことなのだ、とご理解頂けるでしょう。

私の考え方は、もっとライト感覚でSMプレイを楽しみたい方々には不向きかも知れません。

SMに対する姿勢は人それぞれ十人十色ですから、軽い気持ちでSMに関わろうとする方々を否定することはありませんし、

お互い楽しければそれでいいという姿勢も有りだと思います。

でも、もしあなたが本気で、ホンモノのSMの世界に踏み込もうとするならばこんな考え方をぜひ理解しておいてほしいのです。

口コミ投稿大募集! メルマガ会員様限定割引 初めての方へ
動画 予約 求人